友達の出産祝いに行ってきました

先日、学生時代の同級生夫婦の家に出産祝いに行ってきました。
一年前に家を建てた事と妊娠中だという事を知らせる葉書を貰っていたので、はやく行かないといけないなぁと感じつつも、自分の子供のクラスが学級閉鎖になったりなんだで、予定をたてても子供が風邪ひいてドタキャンになったら悪いよなと思い先延ばしになっていたんです。

不精な私を友人夫婦は喜んで迎えてくれました。
定年後もローンの返済も終わらないんだ、夜泣きがあってゆっくり眠れないと愚痴っていましたが、二人共とっても幸せそうだったので私も嬉しくなりました。自分の子供の笑顔が最強ではありますが、友達の笑顔もなんだか昔を思い出してほっとします。

あんまり会えなくても、やっぱり友達が元気で幸せそうなのは嬉しい物です。社会人になり、結婚や子育て等で環境が変わるとどうしても学生時代の友人と気軽に会えなくなってしまいますが、こういった節目節目には時間を確保して、細くても長く付き合っていきたいですね。